切手を売る際に気を付けるべき3つの注意点

 

切手を売る前に気を付けておきたい注意点をまとめました。

 

ボロボロの切手を捨ててしまうのは絶対NG

切手はどれだけボロボロでも値が付くことが多く、
折れてしまっていたり、傷や変色があっても高く売れることは多いです。

 

状態が良い方が値段が高くなるというのももちろんなんですが、
状態が悪くてもそこまで値段が変わらないようなプレミア切手もあるので、
絶対に捨てずに、まずは査定に出してみた方が良いです。

 

専門性が低いお店で売るのはNG

切手買取を取り扱っているお店は意外とたくさんありますが、
「ここって切手の買取もやってるんだ」くらいのお店の場合、
専門性が薄く、バイヤーの知識も確かな物ではない可能性があるので、
そういったお店で売るのはやめておいた方が良いでしょう。

 

専門性が高いお店の場合、ターゲットを絞っている分、
他社との競合が少なくなるので、買取価格の設定も上げやすくなります。

 

店頭買取中心&大手買取店はNG

店頭買取が中心のお店の場合、どうしても店舗運営費がかさんでしまうので、
買取価格を上げるのにも限界があります。

 

その点、ネットの宅配買取が中心のお店の場合、
そういった費用を大幅に削減することが出来るので、
店頭買取が中心のお店に比べ、買取価格に反映させることが出来ます。

 

大手買取店には店頭買取が中心のお店が多いので、
少しマイナーで宅配買取中心のお店がおすすめ。